PMPのふらふら日記: 台北旅行 (7) 迪化街へ

2010年05月24日

台北旅行 (7) 迪化街へ

迪化街は台北の北側にあり、19世紀から20世紀初頭にかけて繁栄した地域。

台北

台北
現在でもなお台北市内で最も古い街並みが残ります。バロック風、洋館風、モダニズムなどなど。

台北

台北
数百メートルの通りには日本統治時代は勿論、清代末期の建物が商店として使われていてレトロな雰囲気漂う街角ですね。

台北
セブンイレブンもレトロなバロック風建築に入り込んでしまってます。

台北

台北
遺跡文化財に指定されている建物もあるそうで、玄関の間口の割りにその奥行きが長く続いているのが特徴だそう。

台北
漢方薬を取り扱うお店が多いです。ここでは乾物や生薬などよく分からない品々がたくさん並びます(笑)。カラスミがとても有名だそうで、好きな方には堪らないそうですね。

台北

台北
古き台湾を見るには中々の場所かと。この狭い路地に人々の暮らしぶりに触れる事が出来ました。

台北
さてその後は永康街で昼食の予定なんですが、ちょっと歩いたのでその前に近くで台湾茶を頂きに茶芸館へ。

台北
紫藤廬と言う、日本統治時代の日本の建物を利用した素朴でレトロなお店。

台北

台北

台北
店内は古い家具が並び、派手さが無くとても情緒があります。庭は日本庭園の様になっていて、鯉がいました。

台北

台北
本格的な各種台湾茶を。香りがとってもよく渋みの無い甘いお茶。始めて飲みましたがかなり美味しいです。

台北
甘いお茶受けもちょっと休息する時にはいいですよね。

台北
各種お茶も販売していて、お土産に購入。店内は芸術サロンなんかも行われておりかなり外とのギャップを楽しめるお店でした。茶芸館はおそらく台湾のカフェなんでしょうかね、台湾茶や烏龍茶の香りはちょっとした癒し効果がある気がしちゃいました。何となく日本の女性が台湾が好きな理由がちょっと理解出来た気がします。


ラベル:旅行 フード
posted by PMP at 16:30| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
台北で行くべきスポットをちゃんと回ってらっしゃいますね^^ 
私はいつも食べるほうのみターゲットなので、参考になります。
迪化街は今回の旅行でいけたらいいなと思っていたところですが、
いけませんでした。
いま私もレポあげてるのでよろしかったらご覧ください。
Posted by まち at 2010年05月24日 19:38
>まちさん
台北は初めてだったんで、抑えられるところは行ってきました。
さらっと見るにはいいところでしたよ〜。
ここだけを目的にはしづらいですよね(笑)。
自分も食は夜市に行ったんでB級沢山食べてきました。台北の屋台文化は結構悪く無いですね!
Posted by PMP at 2010年05月25日 01:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。